ものごとには始まりがある

運命

2013年08月10日

縁は人を結ぶ

縁は人を結ぶ 人間の運命はすべて「縁」を通して変転しています。 人生で何が一番貴いかと聞かれたら、即座に「縁」と答えたい。 人と社会、人と人との出会い、あるいは全ての物事は縁によって結ばれています。 「縁」のひとつひとつが自分の運命を決めていきます。 ある人はその仕事と縁があったから成功を収めることが出来たのです。  人は俗物的な豪邸や身につける高級品、またあまりある金銭に目が行きます。 しかし、それが手に入ったのも、ある「縁」によって結ばれたからです。 「縁」は運命の種のようなものです。 種がなければ芽も出なければ花も咲きません。 種を蒔かないで将来に収穫を得ようとしても、それは不可能ですね。 「縁」という種は日々の行動から生まれます。 また、出会った「縁」に感謝して育てなければ「縁」は生きてきません。 あなたの人生は数え切れないほどの「縁」で結ばれて今の自分があります。 多くの人と縁を結び、その縁が多くなればなるほど大きな成功や幸せを得ることが出来ます。 あなたの笑顔、ことば、態度などが「縁」のきっかけになるものです。 日頃のちょっとした心構えが多くの人と「縁」を結び、そして人生を成功へと導いているのです。

yume2323 at 14:36コメント(0) 

2012年05月01日

「人生」と「運」



「人生とは」、「運とは」を言葉で定義することは難しいものですね。
人の持っている人生観、哲学、自然観、または、信仰心によって微妙な違いが出てきます。

 人生と運はどこかで絡み合っています。
 生まれてから今日まで歩んできた道を「人生」と呼ぶなら、「運」は予期しない偶然に遭遇して、良い意味でも悪い意味でも、自分の意志に反した道を歩いてしまう「因縁」のような存在です。
 
 そのことを別の言葉で「運命」と呼ぶ人もいます。
 「運命」という言葉の中には神秘的な響きがあります。
 
 自分の意志ではどうにもならない、何か別の存在が作用しているように思うこともあります。
 
 「運を天に任せる」というのもそんな心情の表れですね。
 
 その得体の知れない「運」というものをコントロールすることが出来るのでしょうか。
 
 ここで「運」という言葉を「ツキ」という言葉に置き換えてみよう。
 「運が良い」というのは「ツイてる」という意味にもとれますね。
 そうすると、「ツキ」なら何とかコントロール出来そうな感じがします。
 
 世の中には「ツイてる人」と「ツイかない人」に分かれています。
 もちろん「ツキ」には周期があります。
 ツイたり、つかなかったりして固定されたものではありません。
 
 ところが「ツイてる」人は、この周期を読み取るのがとても上手です。
 「ギャンブルの世界」ではその差は歴然としています。
 
 数学の「確率論」の専門家でも「ギャンブルの世界」では通じないものです。
 もともと「確率論」はギャンブルの大好きな数学者が生み出したものです。
 
 ここに人間の意識が介在しているとすれば、謎解きが出来そうです。
 「人間の意識」が『確率』を変えてしまう」そう言ったのは、
 
 デューク大学の実験超心理学の父、J・Bライン博士です。
 ライン博士は1930年代に人間の超能力を数々の実験によって証明しました。
 
 難しい説明はやめてすぐに役立つ「ツキを呼び込む方法」を3つだけ上げておきます。
 
1 ツイてる、ツイてると言っていたら本当にツイてくる
2  欲しいものを紙に書いて眺めていたら手に入いる
 3 「夢」をもって生活していたら運が向いてくる

これは「おまじない」ではありません。
ライン博士の研究から応用してつくったものです。

「引き寄せの法則」も人間の持つ「超意識」の応用です。
あなたも試されたら如何でしょうか!

yume2323 at 21:38コメント(0) 

2012年03月11日

ツキを呼び込む


「運も実力のうち」といわれていますね。
 幸運を自らの手で引っ張り込んでいるわけです。

 幸運は自分で創るもので、降って湧いてくるものではありません。
運の良い人は、運の良くなるような生き方や考え方をしているからです。

 良い話も悪い話も人からしか入ってきません。
 だから運の良い人は、とても社交的です。
 不思議なことに運の良い人は、運の良い人とつき合っています。

 人付き合いもとても上手く、自己中心的ではなく、人の面倒も良く見ているし、人に対して、思いやりや愛情に溢れています。

  さらに責任感もあるし、決して人を裏切ったりはしません。

  だから、良い話もどんどん入ってくるし、協力もしてもらえます。

  このように考えると「運も実力のうち」というのはごく当たり前のことですね。

 人は人の中でしか生きられませんね。

 だから、人に喜ばれるようなことをして上げれば、自分もしてもらえる、という基本的なことに気づいていないのです。

 これは何も、個人の問題だけではなく、会社でも同じことです。

 お客さんに喜んでもらえるような商品やサービスを疎かにして、会社が成り立つはずがありません。
 結局その人の生き方や心構えが運を良くしたり悪くしたりしているということですね。

 そこでついてる人の共通点を50のうち10ほど上げておきましょう。
ぜひ実行してみて下さい。

1 ツキは神様からの贈り物だと思えば更にツク
2 笑顔で過ごしていたら幸運がやってきた
3 運が良いと信じたら、運がよくなった
4 人の幸せを祈ってたら自分も幸せになった
5 幸せをイメージして毎晩眠っていたら幸せになった
6 善いことをしたら周りに善い人が集まってきた
7 「 ありがとう」はツキを呼び込む魔法の言葉
8 ツイてる人と一緒にいたらツキが回って来た
9 ツキが回って来たらしばらく続く
10 人に感動を与えたらツイてきた

この中のひとつでも実行したら「引き寄せの法則」が働きます。


yume2323 at 18:06コメント(0) 

2011年10月14日

運命もまた「1/fゆらぎ 」なのか?


 
 「ゆらぎ」とは、ものの予測のできない空間的、時間的変化や動きのことです。
 
  その「ゆらぎ」の中のひとつに「f/1のゆらぎ」というのがあります。
  
 「1/fゆらぎ 」とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのことを指す。(物理学なので詳細はカットします)
 
 自然界は「1/fゆらぎ 」になっていることだけ頭においてください。
 
 人間の生理的な働きは、自然の法則下にありますね。
 当然のことながら、人間の心の動きも自然の法則に支配されています。
 
 月や太陽やその他の天体の運行は、私達の内分泌系や自律神経系に影響を与え、さらには感情や思考にも影響を与えています。
 
 満月や新月の二、三日間に事故が多いと聞くし、女性の生理は月の運行に関係しています。
 
 天体の運行は一定の規則正しい自然の法則で動いているのは周知の通りです。
 
 私達の様々な社会現象も、この自然の法則から逃れるわけ にはいきません。
 
 異常気象が一つ起これば、私達の生活は即座に影響を受けますね。
 
 巡りめぐる四季の移り変わりが、一定の周期をもっているように、人の運命にも周期があってもおかしくないでしょう。
 
 天の運行と人間の運命との関係を探るなかで「陰陽論」や「五行説」が生まれました。
 それらが合体して「陰陽五行説」として体系化されたのです。
 
 それを元に中国などで「四柱推命」「気学」など数々の運命を予測するものが誕生しました。
 我が国では十干十二支のサイクルはなじみ深いものですね。
 西洋では「占星術」によって、個人や社会の運命を読み取りました。
 
 特に古代インドのアーユルベーダ(インド大陸の伝統的医学)は、医学だけでなく、生活の知恵、知識を含めた、人生百般のバイブル的存在です。
 
 天の運行から、時代の動きや、社会、個人の運命まで読み解こうとするロストテクノロジーは世界中至るとこに存在しています。
 
 人の運命は波のように上下する。
 良いときもあれば悪いときもある。
 人生には予期しないことが頻繁に起こり揺れ動く。
 
 必然と偶然の狭間で揺れ動く波の如く、運命という川は流れ続けています。
 
 この運命の「ゆらぎ」もまた「1/fゆらぎ 」という自然の法則に沿っているのでしょうか。
 
 ちょっとした小さな偶然が人生を大きく変えて行くものです。
 
 今月(25日)の水口発想塾は「運命と四次元の世界」です。
 その「1/fゆらぎ 」と運命の謎解きをしてみましょう。
 
 http://bit.ly/kXp5GY
 
 また、人間の不思議な深層意識を理解するにはぜひヒプノセラピーにご参加ください。
 
 http://ilt.jp/hypno/
 
 あなたの人生を好転させるために、心の冒険旅行に出かけてみませんか!
 
 「人の運命は『偶然と必然』の織り成す縄のごとし」



yume2323 at 13:30コメント(0) 

2011年07月05日

巡り会いに感謝!


 何気ないふとした出会いが、その後の人生を大きく変えていくことがありますね。

 「あなたに出会えてよかった」
 そんなめぐりあいに感謝!感謝!

 あなたも、そんな経験があるはずです。
 
 その出発点は何気ない「偶然」から始まっています。
 自分が意識して出会ったわけでもない。
 だからこそ余計にその出会いから運命を感じるものです。
 
 出会いとは何と神秘的なことでしょうか。
 
 人はどこかで無意識に「運命の出会い」を望んでいるものです。
 「この広い世の中できっと運命の人が、私を待っている」と。
 
 特に若い女性は、密かに心で思い描いているに違いありません。

 妙なことに、その運命的な出会いは早くもなく遅くもなくちょうどいいタイミングでやってきます。
 まこと、不思議なものですね。
 
「偶然」にも法則があるのでしょうか。
 
 ひょっとしたら「偶然」こそが人生の本質で、頭で考えている必然の世界は、「偶然」の付属物かもしれないなどと考えたりもします。

 もし、「偶然」が本体ならば、私たちの人生を考えなおしてみる必要があるのかもしれません。

 自分の自我を捨て、「偶然」の波に身を任せたらどんな人生になるのでしょうか。

 そういえば、老子も荘子も、お釈迦さまも、古来の賢人たちは、口をそろえて「大自然に身を委ねろ」といっています。

 力んで運命を切り拓くのでなく、運命の波に乗って行く生き方ー。

 大自然に身を任せることによって、逆に運命が自分を導いてくれる。

 不思議な出会いもそこから生まれてくるような気がします。



yume2323 at 14:45コメント(0) 
シークレットの実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト

あなたの夢を叶える「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
オンラインセミナー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ