ものごとには始まりがある

引き寄せの法則

2011年07月12日

意識が確率を変える

前回の続きです。

 ライン博士は「人間の意識が現象の確率を変えてしまう」ことを実験で証明しました。
 科学者であるので厳密な実験から導かれた結論です。

 当時は画期的な発見であったが、今はこの分野の科学者の間では常識となっています。
 
 しかし、正統派の科学者からは、未だに
オカルト」扱いです。

 今、アカデミックな世界で認められている人間の超意識(超能力)は「念力」「透視」「予知」「テレパシー」の4つの能力です。

 余談だが、私は30年ほど前に、この4つの能力を開発する研修プログラムを開発した。

 「超能力開発セミナー」というわけにも行かず、誰にも分からない「201コース」というネーミングで研修を実施しました。

 研修中あまりにも多くの怪奇現象が起こったので2年余りで中止することにしました。

 当時の300名ほどいた受講生から、今でも「201コース」は幻のコースだったと呼ばれています。

 人間の意識が確率を変えるとすれば、「偶然」という現象は確率論だけで片付けるには片手落ちのような気がします。
 
 「念ずれば花ひらく」という言葉があります。
 心のなかで強く念じたことは、現象として現れるということです。

 「求めるものは、与えられる」と聖書にも書かれています。

 ベストセラーになった「引き寄せの法則」は、その現代版ですね。

 紐解いていくと釈迦も空海も、古代の達人たちはみんなそのことを力説しています。

 人間の強い想いを「念力」と呼んだ。
 この「念力」は戦いの場でも使われた。
 戦いを専門とした昔の陰陽師軍団です。

 その技は口伝で面々と現代に伝わり、誰も知る由もない。

 古来の人々はみんなそのことを知っていました。
 人生に起こる「偶然」は自分自身が引き寄せているということに。
 
 「意識したことは起こりやすい」

 水口清一発想塾へ、ようこそ


yume2323 at 12:36コメント(0) 
シークレットの実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト

あなたの夢を叶える「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
オンラインセミナー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ