ものごとには始まりがある

夢をかなえる

2012年11月06日

シンクロニシティーの謎2

シンクロニシティーの謎2

「シンクロニシティー」を不思議に感じるのは、因果律が成立しないからです。
しかし、ほんとうにそうでしょうか。

人間は無意識という潜在意識が働いています。
目標(結果)に合うように無意識に原因を作っているとも思われます。

偶然が目に見えない必然だとすれば、未来は決まっていることになります。
私たちは、未来が決まってるなどと信じたくはありませんね。

 「人生に起こることは、あらかじめ全て決まっていた」
 などと考えたら、人生の生きる意味が無くなってしまいそうです。

 でも、賢者は「この世に偶然など存在しない、なるべくしてなっているのだ」といっています。
 
 偶然は必然の世界なのでしょうか。

 悟りを得たお釈迦さまの教えを紐解いてみよう。
 お釈迦さまは「因果応報」として、自分の身に起こってくることは、自分で起こしているのだと諭しておられます。
 「因果応報」から見れば、未来は決まっていることになります。
 しかし、その決まっている未来は自分が作ったというわけです。

 言葉を変えれば、未来は自分の自由意志で好きなように変えることができると諭されているのです。
 「自分の人生は自分の自由意志でつくりあげている」ということですね。

 ところが自分の思い通りに事は運ばないことは自明です。
 予期しない事故や大震災、病気などに運悪く遭遇したりします。
 反対に宝くじに当たったり、大儲けのビジネスが舞い込んできたりもします。
 そんなとき人は、運が良かった、悪かったなどと一喜一憂するものです。
 
 一体運命とは何でしょうか。
 
 お釈迦さまは「因縁論」の中でそのことも説いています。
 「あなたとは縁があったのね」
 と、日頃、人は何気なく言っていますね。

 お釈迦さまは「袖触れ合うも他生の縁」といっておられます。
 それは偶然ではなく必然のもとで出会ったのだと説いているのです。
 「この世に偶然など無い」と力説されています。

 私たちは、自分の意志で起こったことは「必然」と考え、自分の意志に関係なく起こったことを
「偶然」と呼んでいます。
 あらゆることは、因縁によって運ばれているとは説かれています。
 縁と自由意志はどのような絡みになっているのでしょう。
 そこには深い宇宙の仕組みが働いているに違いありません。

 私たちの人生は、この偶然と必然が縄を編むように一体となり、絡み合っていることだけは確かです。
 これからも、あなたの人生に数々の偶然が起こり、人生を色づけていくことでしょう。
 


yume2323 at 15:19コメント(0) 

2012年09月26日

シンクロニシティーの謎1

シンクロニシティーの謎1

三連休は如何でしたか?
今日からまたいつものリズムにもどりましたね。

私は「イメージワーク」の研修で三日間過ごしました。

日頃の空間から少し外れて生活していると、誰でも「シンクロニシティ」が
起こりやすくなります。
「シンクロニシティー」とは心理学者ユングが提唱した「意味のある偶然の一致」
のことです。

「物事は原因があって結果がある」、という因果律に沿っていますね。
ところが「心で想ったことが物理現象としてあらわれる」という不思議な体験は誰にでもあります。

「今日は時間があるので映画を見に行こう」

と、思っていると偶然に訪ねてきた友人に、映画のチケットをもらったという例などこれにあたります。
心で思ったこととチケットをもらったことの間に、何の因果関係もありません。
だから不思議な感覚に見舞われるのです。

私たちのみのまわりには、実に奇妙な出来事がつぎつぎと起こっています。
ユングは20年以上の歳月をかけて、この奇妙な現象を解明しようとしたのです。
日本語では「共時性」(シンクロニシティー)と呼ばれています。

これらの「意味のある偶然の一致」は一体何を意味しているのでしょうか。
私たちの運命に何か大きな隠れた存在があるようにも思えます。

成功者といわれる人たちは、ほとんどこの見えない力「偶然」によって功をなしています。
成功者のほとんどは「私は運がよかった」と述懐していることからもわかります。

よく考えてみたら、人生は小さなことから大きなことまで偶然の連続で成り立っているものです。
「偶然など当てにもならないものを軸に人生を歩んでいるなんて自分にはありえない」

 「そうでしょうか」
 
 約束さえしていなければ、朝一番に誰から電話がかかってくるか分からない。
 通勤中に電車の事故に遭遇し会社に遅れるかもしれない。
 道でバッタリ10年来の知人に会うこともあります。
 こんな些細なことは日常的に起こっていますね。
 ところが、こんな些細なことから人生が大きく変わっているのです。

この「意味のある偶然の一致」の謎解きをしてみたいと思いませんか?




yume2323 at 23:36コメント(0) 

2012年07月03日

眠りながら成功する



これは潜在意識の大家、ジョセフ・マーフィーの主要な書籍のタイトルです。

私は30歳ごろ書店でこの本を見つけた。

当時、眠りの夢にとても興味があり、その手の本を読み漁っていた時だったので、目次だけをチラリと見ただけで購入しました。

今でこそ「潜在意識」の存在やその機能は誰でも知っていますが、当時はそれほど広く知れわたっていませんでした。

「潜在意識」の話をすると、どこの「洗剤」ですかと尋ねられ苦笑したほどです。

本を読み進めて行くうちに、これは古代から伝わっている「夢見術」だとすぐに納得しました。

人生の「夢」と眠りの「夢」は同じものです。
眠りの中で成功した夢を見ると、現実でも成功するという「夢見術」です。

そこで古代の人は夢をコントロールする術を身につけ現実に応用したのです。

とくに陰陽師はその「夢見術」を使った専門家です。

夢とイメージは共通点があります。
夢をコントロールする代わりに、イメージコントロールを徹底的にやったのが密教の「瞑想」です。

イメージを現実化させる方法は、古代日本ですでに確立されていたのです。

イメージは心に描く想像のことです。

「思えば叶う」というのは、成功哲学の原点です。

あなたが日々思っていることが、あなたの人生なのです。

さらに個人の意識は集合的無意識や宇宙意識と連動して、現実世界(物理世界)をつくっています。

内界の世界(心の世界)は外界の世界(物理世界)と同じものです。

夢が眠りの世界なら、この世もまた夢の世界なのです。
この世が現実なら、眠りの世界も現実なのです。

仏教哲学の真髄は、お釈迦様が諭した

「色即是空・空即是色」だったのです。

あなたの思いが現実をつくっているという結論になります。








yume2323 at 18:01コメント(1) 

2012年06月27日

偶然に法則があるのか?



「偶然」という出来事は、時空を超えたタイムスリップの働きを持っています。
 
 人生に「偶然」はつきものだ。

 「偶然」は人生を飛躍させ、ある時は奇跡までも生み出す要素となります。
 思い出して欲しい、あなたの今日までの人生は、「偶然」の連続であったはずです。

 「あのときに、田中さんに出会っていなければ、今の自分はない」
 「あのときに、その場にいなかったら、自分の人生は変わっていた」など…

 ある人は、その「偶然」を運命と呼び、ある人は縁と呼び、またある人は、神の計らいと呼んでいます。
 この不思議な「偶然」の意味を深く理解し、人生に活用できたとしたら、今までとは違った生き方ができるかもしれませんね。

 「偶然の力」を取り入れて、ツキを呼び込み、運命を好転させることができたらー。

 人生の中で「偶然」に出くわしたら、チャンスだと思い、通り過ぎないように注意することです。
 その「偶然」がひょっとしたら、あなたの運命を好転させるかもしれないからです。


偶然とは何か?

「偶然」は、あなたの運命と密接に絡み合っています。
豊かな人生を歩んでいる人は、自分の人生の中で起こる「偶然」を見事に活かしている人達です。

なぜ、偶然によって上手くいく人といかない人がいるのか?

もしあなたの意識が「偶然」を引き寄せているとしたら…

運とツキを呼び込む「偶然の法則」を理解することによって、あなたの人生は大きく変わっていくに違いない…

「偶然」とは、不思議な宇宙の見えないシステムによって生起しています。


心理学者ユングは、その現象を「シンクロニシティ」と名づけました。


yume2323 at 15:57コメント(0) 

2012年06月21日

誕生日が危ない!



私たちは「お誕生日おめでとう」といって祝福します。

しかし東洋の叡智「数霊」では誕生日が一番エネルギーが弱っている時とされています。
母親の胎内で過ごす270日間は一生の鋳型と考えられています。

「個体発生は系統的進化を繰り返す」という生物学の概念がありますね。

受精から出産までの過程は生物進化の過程を繰り返すと言われています。
これは時間の相似形で生命誕生38億年の過程を胎内では270日の時間に凝縮されています。

「数霊」では270日の胎内での過程をその人の一生の過程と見なしているわけです。
生命のビッグバンは受精の瞬間です。
その瞬間こそエネルギーが一番強いときです。
そして出産の時がエネルギーが一番弱ったときと考えています。

誕生日が一番エネルギーが弱り危ないときとされています。
これは「数霊」での話ですが、それを裏付けるような論文が発表されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下記事内容


英紙インディペンデントやデイリー・テレグラフなどによると、調査を行ったのはチューリヒ大学のウラデタ・アイダチッチ-グロス博士らのグループ。死に関わる研究を専門とする博士は今回、世界各地で亡くなった240万人のデータを収集し、死因と亡くなった日の関係を研究した。その結果、「予想以上に、誕生日は人生が終わりやすい」ことが判明。論文は6月4日付で米医療専門誌「Annals of Epidemiology」に発表された。

それによると、誕生日に亡くなった人の割合は、ほかの日に亡くなった人に比べて13.8%も増加。さらに60歳以上に限定すると18%増となり、年齢に比例して“誕生日に命を落とす人”の割合が高まっていくことが分かった。しかも亡くなった人の死因を調べると、自殺に限らず、病気が原因で命を終えた人も少なくないという。

具体的には、死因が心臓疾患の人で誕生日に亡くなったケースでは18.6%増。がんでも10.8%の増加となったほか、21.5%増となった脳卒中では特に女性が多く見られたという。一方男性の場合、特に数字が上がったのが自殺で34.9%増、「車に関係ない何らかの事故」で28.5%も急増。転落・転倒死のケースでは44%も上昇したことに加え、「誕生日の4日前から数字が上がっていく」とされている。

アイダチッチ-グロス博士らのグループは、誕生日に命を落とす可能性が高まる要因について、病気を抱えた人の場合は、誕生日まで生きるという目標に従い、生命力で誕生日まで「持ちこたえる」ケースが多いのではないかと推論。また、「効果的な発見」と研究を評価する英ハートフォードシャー大学のリチャード・ワイズマン教授は、病気ではない人でも誕生日を迎えて「よく生きた」と油断してしまい、危険を招きやすくなるのではないかと、1つの持論を提示している。

いずれにせよ、要因については論文でも現在は「推論を支える明確な根拠はない」としており、今後のさらなる研究が期待されるところ。しかし、ほかの日に比べて誕生日に命を落とす人が多いという傾向は数字の上に現れており、私たちもこれからの誕生日は浮かれるばかりでなく、不幸な現実に陥らないよう注意して過ごしたほうが良いのかもしれない。

http://www.narinari.com/Nd/20120618207.html
より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「数霊」では誕生日から向こう3ヶ月間は空亡と呼ばれ、この世に存在していない期間とされています。

「数霊」に興味のある方はオンラインセミナーで学んでください。
あなたの運命から時代の変遷まで「数霊」で予測できます。



yume2323 at 08:00コメント(0) 
シークレットの実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト

あなたの夢を叶える「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
オンラインセミナー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ