ものごとには始まりがある

2009年11月23日

北アルプス立山で命拾い

立山
学生の頃、探検部に所属していました。

夏山ですが山頂にはまだ残雪があり、壮大な景観の中、友人二人で北アルプスの立山を縦走しいました。

先頭を友人が歩いていましたが、途中とても細い尾根筋に入り何となく気になってピッケルを借りようとしして手にした瞬間、体制を崩して谷の方にスリップした。

そのまま20メートルほど流されました。

流されている途中、とても爽やかで何の恐怖感も抱かなかったのは不思議です。

日頃の訓練で体が覚えていたので、とっさににピッケルを雪に差し込みストップした。

無事に尾根筋まで這い上がり、下を覗いてゾッとした。
渓谷の斜面は何百メートルも下方に延びている、そのまま落下していれば完全に命を落としていました。

距離から言って落下している時間は10秒足らずです。

でも感覚は3分ぐらいに感じました。それに落下しながらスリルを楽しんでいる余裕さえありました。

ほんとうに恐怖を感じたのは、這い上がって眼下を見下ろしたときです。

人間って危機一髪でも「脳」がフル回転して安定感をもたらす、何かが働くのですね。


yume2323 at 22:51コメント(0)危機一髪  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
シークレットの実践ソフト

30日で夢をかなえる人生設計ソフト

あなたの夢を叶える「引き寄せの法則」

自分を変える瞑想法
オンラインセミナー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ